15.バテないための休憩法

山では元気がイチバン。町の中では途中で歩けなくなっても問題はない。

一方、山では、目的地にたどり着けないことには話にならない。

1日8時間の登山はフルマラソンを完走する2倍のエネルギーが要求されるという。どんなにゆっくりでも歩けばそれだけ消耗する。

バテないためのコツはいくつかある。体調が悪いと食欲がない。しかし休憩でただグタッと腰を下ろしているだけで、食べ物を口にもせず水も飲まないのでは回復にならない。サンドイッチやおにぎりは普段の半分ぐらいの大きさにしてラップで包んでおく。それを昼のお弁当として一度に食べるのではなく、小休止に少しずつ食べる。食べ物はのどを通らないという人はアメ玉をしゃぶろう。

糖分はエネルギーに転換しやすい。筋肉が疲労すると、乳酸が蓄積される。この乳酸を分解してくれるのはクエン酸。このクエン酸を多く含むといわれるレモンや梅干し。レモンの蜂蜜漬けは最高のピンチ食といえるのではないか。

水は一度にたくさんではなく、少しずつ頻繁に飲むようにするのがコツだ。

14.低山の楽しみ(食事)

低山歩きでの食事は2通り考えられる。

1つはリッチな昼食をプランする。もう1つは、特別に食事など考えない、である。

低山歩きでは、コースタイムが短い分、昼食はたっぷり時間がとれるし、腹一杯食べてもその後の行動に影響がない。

最低限、クッキングストーブとクッカーを準備、たとえばレトルト食品のウナギとご飯でほっかほかのうな丼が山上で食べられる。許される山域なら天ぷら油と小麦粉を用意して、途中で摘んだヨモギ、タンポポ、アザミの葉っぱでお昼は天ぷらご飯もいい。反対に昼食は考えない、というスタイル。

歩く時間が短いのだから、休憩の都度適当なものを少しずつ食べ、全体の昼食時間はとらない。その分、スケッチをしたり、写真を撮ったり、物思いにふけったり・・・。

これは、来るべき登山のトレーニングと考える人には、行動時間の確保、長い休憩で体を冷やしてしまわないという戦略的な食事ともいえる。

1.登山

中高年の登山が目立つようになって久しい。

高齢化社会を反映した現象に違いないが、中高年の人々がなぜ登山を指向したのか。

それにはいくつかの要因が考えられる。第一は日本の山々の山容を見ると、中高年が登山の対象とするに適しているということです。第二に登山地といえば、、交通、通信、宿泊施設、登山地情報などが豊かになり、山に登りやすくなったことです。第三に登山用具の発達です。

軽く高性能の用具が開発され、特に中高年の登山者を助けています。

しかし、現実にはいろいろな問題も見られます。山へのアプローチが便利になり誰もが容易に山登りを楽しめるようになりましたが、山そのものは昔と少しも変わっていないのです。にもかかわらず、その容易さゆえに用心深さを忘れている人が増えています。

山は時としてその美しさの裏側にある恐ろしさをあらわにします。そうした山の本質を見失わず、安全登山を楽しみたいものです。

2.山に登ることそのものを楽しみとして

多くの登山者が持つ楽しみの中には頂上に至る過程において、山という対象から何かを得たいという気持ちがあるように思います。

果てしない山並みの展望、荘厳な日の出や日没、季節の新緑・紅葉など山の美しさ、登山を完成したときの充実感などがそれです。

とすれば、対象となる山への期待、欲求に対して、登山者は当然しかるべき態度で山に接することが求められなければなりません。

近年ますます自然保護が叫ばれています。山だけでなく、愛する祖国の美しい自然を永久に保とうとする思想が高まりを見せている昨今、登山者はこの思想を遵守して自然を慈しみたいものです。そのような心や態度がじつは遭難防止につながっているのです。

さらにもうひとつ。山に登る心として大切なことは、山仲間との協調性です。山に対してだけでなく、人に対しても同様の精神を堅持することが肝要です。

既婚者だった片想いのイタリア人男性

私はF1グランプリが大好きで、初めてモナコグランプリを見にモナコまで行ったのです。水曜日のグランプリ前のモナコに行ったら、あるチームの人から声をかけられて、その人がチームのディレクターだということがわかりました。

それで、いろいろと案内をしてくれて、その人の人柄と優しさに惹かれて行ったのです。それで、連絡先を交換したのですが、彼はその次のカナダグランプリに来ませんか?と誘ってきました。

私は行きたかったのですが、まだモナコから帰ってきたばかりなので、行くことができませんでした。それで、9月にあるアメリカグランプリに行くことにしました。

そして、その時に彼が既婚者だということを知ったのです。私は彼のことが大好きでしたので、ものすごいショックを受けました。それでも好きだという気持ちは抑えることができなくて、メールで連絡を取って自分の気持ちを伝えました。

彼は私が好きだということを知ると、他にもいい男性がいるからと私を振ったのです。片思い 辛い 脈なし経験です。悲しかったけど、彼の優しさだと思います。